愛 來 空 静 海~i like calm sea~

愛來空(メルク)の好きなことを好きなように書きなぐるという思いつきで始めたブログです。面白いと思ったらコメントなどなど、どしどし下さいね!

勝敗予想振り返り 準決勝

大会13日目

第1試合 [的中]

天理 9ー12 広陵

予想

天理 4ー7 広陵

両チームとも譲らず点の取り合いとなった試合
勝敗を分けたのは広陵打線のキーマン中村の活躍
第1打席から記録に並ぶ5本目のホームラン、5回には新記録となる6本目、さらには打点記録までをも更新する計7打点の大活躍
対する天理も広陵に並ぶ19安打を放つも3点届かず9回の反撃も及ばなかった
5回、9回の攻撃で長打が出れば逆転サヨナラも可能だった
投手陣はやはり互いに疲労等から精細を欠いていた印象
予想以上にスコアが動いた乱打戦だった

第2試合 [外れ]

花咲徳栄 9ー6 東海大菅生

予想

花咲徳栄 2ー3 東海大菅生

接戦には接戦だったが打ち合いとなった
9回裏、追いつかれてなおもサヨナラのピンチに見せたショート岩瀬の好守が、イケイケムードの東海大菅生の勢いと流れを断ちきった
その背景にはエース清水の好投があり、代わってから東海大菅生打線を2失点に抑えた
綱脇を序盤から捕らえ4得点はさすがの得点力だったが、投手力、打力ともに若干優位だったのは花咲徳栄だった

2017年 第99回全国高校野球大会 勝敗予想 決勝

明日いよいよ甲子園全日程が終了し優勝校が決まります

決勝へ進んだのは、プロ注目のバッテリー、平元ー中村を中心に高い投手力、攻撃力を持つ広陵
綱脇ー清水の2枚エースに切れ目のない打線で総合力にまとまる花咲徳栄の2校

共に初優勝を目指す両校に大きな戦力差はありません
投手力、攻撃力、守備力すべてにおいて互角と言える戦力を持つとみています

ん~、困ったことに花咲徳栄は2度負け予想にして外しているんですよねw
しかも前回は筋を通すとか言っちゃってね…w

ちょっと自分勝手ですがこの試合は花咲徳栄勝利で行こうと思います

広陵は平元が不調気味なのが気がかり
山本も天理戦思ったより失点しており強打の花咲徳栄打線を抑えきれないと予想する
対する花咲徳栄は清水の調子が良く感じる
疲労感、コンディションで花咲徳栄投手力で分がある
得点力は共に高いので打ち合いになると思うが花咲徳栄投手陣が粘り優勝すると予想します

あとは、準決勝で中村がホームラン、打点の大会記録を更新したことも考えて、このまま初優勝も飾るほど甲子園は甘い場所ではないんじゃないかと

仮に5本で留まっていれば決勝で記録を更新した場合、更に勢いに乗って打ち勝つのでは?と少し悩まされるが

ということでスコア予想はこちら↓

広陵 7ー10 花咲徳栄

準決勝予想1つ外して的中率8割は切ってしまったが最後は的中させてビシッと終わりたい!
出来ればスコアもニアピンか奇跡の的中を期待したい!!

2017年 第99回全国高校野球大会 勝敗予想 準決勝

いよいよ準決勝
厳しい戦いを勝ち抜いてきた4校は当然だがどのチームも投打に高い能力を誇り予想が難しいカードとなっています
決勝へ勝ち上がるのは果たしてどこか!?
もちろん勝手ながら予想をしていきます!

大会13日目

第1試合

天理vs広陵

両チームとも抜群の安定感を持つ投手が2人
打線もキーマンとなる神野、中村がそれぞれにおり、下位まで切れ目のない打線となっている
総合力の高い両チームだが、試合のポイントは投手陣の出来と予想する
広陵平元は3回戦、準々決勝とやや安定感を欠いていた印象
対する天理も継投した準々決勝で9失点と不安を残した
広陵はここまで完封はなく少々の失点を強打で上回り勝ち上がってきた
内容は秀岳館戦が一番良かったのでその試合の投球を再現出来るかどうか
天理は3回戦までの2試合で1失点と力のある相手を抑えた投球が必要
その上で打線のキーマンとなる神野、中村がそれぞれどんなバッティングをするか注目となる

予想としては広陵勝利
今年は春の選抜から史上初の出来事が連発し、これまでの大会記録も更新したりと、サプライズ的なものが多い年
その流れで広陵中村が大会記録の5本塁打を更新すると思う(この試合だけではなく決勝も含めて)
キーマンの活躍で更に勢いにのり広陵が逃げ切ると

天理 4ー7 広陵

第2試合

花咲徳栄vs東海大菅生

この試合も予想が難しい
共に投打に安定
接戦もなく危なげなく勝ち上がってきた両チームだがこの試合は接戦になると予想
好調の投手陣がどれだけ粘れるか
3点くらいを争う投手戦を期待したい
まぁ得点力も高いので打ち合いの可能性もなくはないがこれまでの試合をみる限り投手戦の方が可能性は高いのかなと
で、どっちが勝つか?ということになるのだが…
優勝予想本命2番手にあげたけど準々決勝で敗けると予想した花咲徳栄が敗れると予想することで筋を通そうかなとw
実際予想も難しいし、日大三早稲田実業を破った東海大菅生の総合力に1票

花咲徳栄 2ー3 東海大菅生

残り3試合的中で過去最高の的中率8割
こんな数字は2度と出せないだろうw
目標をそこに据えてこれで勝負だ!

勝敗予想振り返りその5

今さらながら3回戦と準々決勝の振り返りを
的中した試合は結果だけw

大会10日目
第1試合 [外れ]

神戸国際大付 1ー2 天理

予想

神戸国際大付 5ー4 天理

予想通りの大接戦
が、神戸国際大付は3本の3塁打を打ちながらも後続を断たれ1点止まり
守備も普段通りのプレーを取り戻し固い守りを見せたがリードを奪えずに終わった
天理碓井の好投が光った

第2試合 [外れ]

三本松 5ー2 二松学舎大付

予想

三本松 4ー7 二松学舎大付

この試合は完全に三本松の佐藤が予想を上回っていた
二松学舎大付も9回に意地を見せたがその前に得点出来ていなかったのが痛かった

第3試合 [外れ]

明豊 9ー8 神村学園

予想

明豊 3ー8 神村学園

神村学園青柳の立ち上がりからの乱調が誤算
コメントであげたように打ち合いになった
神村学園は9回に追いつき延長で勝ち越したがその裏2アウトからのドラマが…
諦めなかった明豊打線の連打と、四球で押し出しサヨナラ
最後は0ストライク3ボールからフルカウントに
最後の1球も際どいコースで外れてサヨナラ
痺れるラストだった

第4試合 [的中]

東海大菅生 9ー1 青森山田

予想

東海大菅生 6ー4 青森山田

大会11日目

第1試合 [的中]

済美 7ー12 盛岡大付

予想

済美 7ー9 盛岡大付

第2試合 [的中]

前橋育英 4ー10 花咲徳栄

予想

前橋育英 2ー5 花咲徳栄

第3試合 [的中]

聖光学院 4ー6 広陵

予想

聖光学院 2ー7 広陵

第4試合 [的中]

大阪桐蔭 1ー2 仙台育英

予想

大阪桐蔭 4ー5 仙台育英

おそらく今大会一番の会心の当たり
展開は全く予想外だけどw
あー、やっぱりダメだったか…と思った瞬間!
一塁手がベースを踏んでいなかったと…
そして次の打者で逆転タイムリ
甲子園の魔物、実感ですね

大会12日目 準々決勝

第1試合 [的中]

三本松 1ー9 東海大菅生

予想

三本松 2ー7 東海大菅生

第2試合 [的中]

天理 13ー9 明豊

予想

天理 6ー3 明豊

第3試合 [的中]

広陵 10ー4 仙台育英

予想

広陵 4ー3 仙台育英

全然接戦じゃなかった…
けど6、7、8回のチャンスで得点出来ていたら…と思わせる育英の攻撃ではあった
チャンスを活かせていれば接戦だっただろう!ということにしておこうw

第4試合 [外れ]

盛岡大付 1ー10 花咲徳栄

予想

盛岡大付 8ー6 花咲徳栄

う~ん、盛岡大付打てなかったなぁ
それだけ綱脇が能力の高い投手だったということ
やはり盛岡大付投手陣が花咲徳栄打線を抑えることは出来ず、打ち合いで活路を見いだすしかなかったのだが…
ここまで抑えられるとは思わなかったな

全45試合終了

33的中 12外れ

2017年 第99回全国高校野球大会 勝敗予想 準々決勝

いやぁ、まさかのドンピシャ来ましたねw
大阪桐蔭vs仙台育英戦はホントに賭けというか、何かありそうな気がして思いきったんですがはまりましたね
何が起こるか分からない、甲子園の怖さを改めて実感させられました
振り返りは後ほど

ではでは準々決勝の予想と、各チームの簡単な分析を!

大会13日目

第1試合

三本松vs東海大菅生

東海大菅生投手力、打力共に力があり総合力で郡を抜いている
対する三本松も得点力もあるがどちらかと言うと投手力のチームという印象だ
試合のカギを握るのは三本松佐藤の投球
ここまで2試合を完投しているが二松学舎大付戦のような投球が出来るかどうか
東海大菅生青森山田戦でエース松本を温存出来たので先発濃厚
強打の高岡商を1失点に抑えた松本から大量点は望めないので2、3点を争うロースコアの展開に持ち込めるかどうか
また2試合とも終盤に失点しているのでその辺も意識を高める必要がある
投打に優位に立てる条件の東海大菅生勝利と予想

三本松 2ー7 東海大菅生

第2試合

天理vs明豊

共に複数の安定した投手がいて、打線にも柱が確立しており当たっている
さらに両校とも同地区の実績では格上の相手との延長戦を制し勢いもある
注目したいのは明豊が2試合連続逆転勝ちと粘り強さが際立っている点
天理としてはセーフティリードを保ち終盤を迎えて継投で逃げ切りを図る展開が理想か
同じような境遇を勝ち抜いてきた両校だが、天理の防御率を決め手とし、勝利予想は天理
明豊は2試合で14失点というのが気がかり
天理打線の得点力も低くはないので5、6点の失点はあると予想
当たっている明豊打線がここまで1失点の天理投手陣から6点以上取れるかどうかに注目

天理 6ー3 明豊

第3試合

広陵vs仙台育英

共に最初にあげた優勝候補を撃破して勝ち上がってきた
特に広陵は1回戦から強豪相手に平元の好投で少ない失点に抑え、山本へ継投し勝ち上がるパターンを確立
3回戦では疲労もあってか聖光学院に攻略され4失点、4回途中で少し早い継投となったが、打線の援護で接戦を制したことで逆にほんの僅かでも休養を取ることが出来た
対する仙台育英は2戦連続でエース長谷川の完投で1点差の接戦を制しており、肉体的にも精神的にもかなりの疲労があると思われる
投手力で言えば広陵に少し分があるか
ただ仙台育英は3回戦、9回裏の大阪桐蔭のまさかのエラーからサヨナラタイムリーと、『持っている』感が半端ないw
予選での引き分け再試合となった東陵戦から3試合連続完投と長谷川にスタミナがあることも間違いない
注目したいのはやはり仙台育英の先発投手
長谷川なら疲労度がどの程度なのか
佐川、西巻なら広陵打線を何点に抑えられるのか
この2点が未知数であり予想が難しい
打線は広陵が少し上回りそうなので仙台育英としてはロースコアの接戦に持ち込みたいところ
仮に打ち合いになり、ここまで2戦抑えられている仙台育英打線が爆発すると後は勢いがものを言いそうだが
正直甲乙つけがたい試合であるとしか今は言えない
時間もないので困った時のデータ頼み!
勝敗予想をするようになった年から昨年までの結果だが、選抜王者が夏戻ってきた年に、選抜王者を破ったチームは昨年の鳴門以外次の試合で敗れている
俺は燃え尽きちゃった症候群と呼んでいるがwそれしか決め手がないw
なので

広陵 4ー3 仙台育英

仮に仙台育英が勝ったらそれはもう『持っている』と言うことで間違いないかとw
まぁそれでも互いの疲労度を考えたら接戦にはなるでしょう

第4試合

盛岡大付vs花咲徳栄

ここも似たようなチームカラー
2枚のエース級投手に強力打撃陣
1つだけ違いがあるとすれば、花咲徳栄は序盤に得点し突き放す勝ち上がり方
盛岡大付は中盤から終盤に突き放す勝ち上がり方
攻撃力に大きな差はないと思うのでカギとなるのは必然的に両投手陣の出来
盛岡大付の先発投手の立ち上がりは特に大きなポイントとなりそう
無難に立ち上がりを抑えられれば得意の乱打戦に持ち込むことが出来ると予想する
そしてそれが盛岡大付にとって理想的な展開になるだろうと
ここに来て植田に当たりが出始めたことが大きい
中軸が強力となり打線は一皮むけたと言える
三浦、平松どちらかが花咲徳栄打線を最小限に抑える展開よりも狙いやすく、勝率も上がるかと
そして今の勢いの盛岡大付ならそれをやってのけると予想したい
昨夏、今春、そして今大会と確実に成績を伸ばし続けている勢いが初のベスト4への道をこじ開けそうな予感がする

盛岡大付 8ー6 花咲徳栄

ちなみに、優勝予想では秀岳館神戸国際大付中京大中京大阪桐蔭が敗れ、残るは本命2番手花咲徳栄、対抗3番手東海大菅生と言うことになるが、流れを見て敢えて花咲徳栄は負け予想に…
これでもしも花咲徳栄が優勝したら赤っ恥だがw
試合の中で成長、覚醒する部分も大きいので開幕前のデータだけじゃ当てにならないしね
なので花咲徳栄が優勝してもいばりませんw
それで勘弁していただきたい!

2017年 第99回全国高校野球大会 勝敗予想 3回戦その2

大会11日目

昨日3敗を喫して11外れになってしまった(-_-)
今日も少し賭けに出ます
ただ、多忙のためコメント抜きで

第1試合

済美 7ー9 盛岡大付

第2試合

前橋育英 2ー5 花咲徳栄

第3試合

聖光学院 3ー6 広陵

第4試合

大阪桐蔭 4ー5 仙台育英

勝敗予想振り返り その4

残りの2回戦の予想振り返り

大会7日目 [的中]

第1試合

盛岡大付 6ー3 松商学園

予想

盛岡大付 8ー2 松商学園

まずまず予想通り
盛岡大付の打線がイマイチ大人しく感じるがそれだけ松商学園の青柳がいい投球だったというところだろうか

第2試合 [外れ]

前橋育英 3ー1 明徳義塾

予想

前橋育英 4ー5 明徳義塾

明徳義塾先発の市川の投球、失点は想定内
予想を上回ったのが前橋育英の皆川の好投
予想通り接戦となったが9回まで2安打に抑え込まれた明徳義塾は監督の采配どころではない
そもそもチャンスすら与えてもらえなかった
皆川が完全に試合を支配していた

第3試合 [的中]

日本航空石川 3ー9 花咲徳栄

予想

日本航空石川 3ー6 花咲徳栄

初回の立ち上がりが勝敗を分けた
日本航空石川はやはり終盤に3得点をあげ粘り強さはみせたが点差が開きすぎていて9回にダメ押しの3点を取られ完敗だった

第4試合 [的中]

聖光学院 5ー4 聖心ウルスラ

予想

聖光学院 6ー2 聖心ウルスラ

やはり戦力差はなく互角だった
聖心ウルスラは暴投、捕逸が絡む失点が悔やまれる
聖光学院は思うように打てていなかった印象だったが守備面で上回り辛勝

大会9日目

第1試合 [外れ]

広陵 6ー1 秀岳館

予想

広陵 3ー5 秀岳館

平元が予想以上の投球
1失点に抑え終盤打線が川端を攻略し追加点をあげると、2番手田浦からも3ランホームランを打ち秀岳館自慢の投手陣を打ち崩した
秀岳館はチャンスを作った5、8回に追加点をあげられなかったのが痛かった

第2試合 [的中]

智弁和歌山 1ー2 大阪桐蔭

予想

智弁和歌山 4ー7 大阪桐蔭

このカードでこれほど緊迫した投手戦になるとは思わなかった
両校の投手が点を与えない粘りのピッチング
勝敗を分けたのは7回の暴投による追加点
安打数では上回っていただけに智弁和歌山としてはたった1つのミスが悔やまれる

第3試合 [的中]

仙台育英 1ー0 日本文理

予想

仙台育英 6ー4 日本文理

第2試合と同じく予想外の投手戦
仙台育英は数多くピンチを背負ったが、ヒット性の当たりも好守が光り、文字通り守り勝った試合となった

全33試合終了

25的中 8外れ

ちょこちょこ外れが出るようになってきました
3回戦も予想が難しいカードが多くなっていますが外れが10を越えないように何とか頑張りたいと思います!