愛 來 空 静 海~i like calm sea~

愛來空(メルク)の好きなことを好きなように書きなぐるという思いつきで始めたブログです。面白いと思ったらコメントなどなど、どしどし下さいね!

2018年 第90回 選抜高校野球大会 決勝戦 勝敗予想

えーーーーーい!!
考えたって全然分からーんw

振り返り書いたばっかですが早速予想行きます!
悩むだけ無駄w
色々考えすぎて裏目に出るより、開始前の直感を信じることにします!

ずばり!智弁和歌山の優勝!!

まず、何回も言いますが春連覇は本っ当に少ない
まぁ今年の大阪桐蔭はそれが出来る戦力ではありますけど(^_^;)
少ないからという理由だけで優勝予想から外すにはちょっとどうかと言えるのは分かるんですが、ここで2つ目の考察ポイント!

今大会を振り返って気づいたんです!
サヨナラ勝ちから連勝したチームは智弁和歌山のみなんです!
接戦が多くサヨナラゲームも目立つ印象の今大会

2回戦で明徳義塾中央学院にサヨナラ勝ちしました
その次の3回戦では日本航空石川にサヨナラで敗れましたね

その日本航空石川は次の試合で東海大相模に破れています

3回戦では近江ー星稜戦で星稜がサヨナラ
智弁学園創成館では創成館がサヨナラ
花巻東彦根東で9回までノーヒットだった花巻東がサヨナラ
この3チームはそれぞれ、準々決勝で三重、智弁和歌山大阪桐蔭に敗れました
そして智弁和歌山は準々決勝で創成館にサヨナラ勝ちで準決勝に進出し、準決勝では東海大相模に逆転勝利!

サヨナラ勝ちの次の試合で唯一勝利したチームなんです!

偶然かもしれませんがこういうのって意外とはまるんですよね

優勝校予想の記事で書いたんですが『神宮上位校のうち選抜で上位に入るチーム』も今年も大阪桐蔭創成館の2校でした

探っていくうちに見えてくるこういったデータもバカに出来ない

不発だった谷合が放ったサヨナラホームラン(明徳義塾)
3安打に抑えられた打線が9回裏にヒットと四球で出たランナーを一気に返したサヨナラホームラン(日本航空石川)
9回裏に相手のエラーで追いつき10回裏に飛び出したサヨナラホームラン(創成館)
ノーヒット打線がようやく捕らえサヨナラ(花巻東)
延長10回表に勝ち越されるも、その裏にサヨナラ(智弁和歌山)

ドラマを産んだチームが次々と次戦で敗退していく中で勝ち残った智弁和歌山には何かを感じます

そしてそして大事なのはここ!!
準決勝、大阪桐蔭は逆転サヨナラ勝ちでしたよね
それもサヨナラタイムリーはそれまで不発だった4番藤原

やはり何かを感じます(俺だけ?)

何を言いたいかというと、劇的なサヨナラ勝ちの大阪桐蔭が次戦で敗れるのではないか?ということです!

個人的に智弁和歌山優勝と予想する根拠には十分!
こういうの好きっすww

大阪桐蔭はおそらく柿木先発
秋は7安打完封に抑えられた智弁和歌山打線も林の復帰、今大会逆境を勝ち上がってきたことではるかにパワーアップしています
不安要素は智弁和歌山投手陣の疲労度
特に平田の疲労は濃いだろう

ただ、ある程度失点するのはここまでも一緒!
それを上回る得点力で勝ち上がってきた智弁和歌山は決勝戦でもこれまでと変わらないプレーをするだけ!

投高打低と言われる選抜でこれほど打力中心のチームが優勝した例が少ないってのもちょっと引っかかりますが( ̄▽ ̄;)

自慢の強打で決勝戦不敗の大阪桐蔭の伝説を止められるか
好調の桐蔭投手陣VS智弁和歌山打線の対決に注目だ!

予想スコアは5、6点の勝負

智弁和歌山の得点力の高さには選球眼の良さも含まれており、柿木、根尾の2本柱が制球を乱すと智弁和歌山に取っては攻めやすい展開

疲労度は軽いと言っても桐蔭投手陣にも疲労は少なからずあるはず

そこに生じる隙をついて最後には智弁和歌山が突き放すと予想する

智弁和歌山 7ー5 大阪桐蔭

これだけ色々と並べて外したら笑い者だがそれもありw

明日になれば当たるのか外れるのか全てが決まります!

ちなみに予想大本命が決勝に進出したのは初!
そして当たれば初の的中率8割!!
メルク自身初の快挙に胸を踊らせながら明日を楽しみにしたいと思います!

2018年 第90回 選抜高校野球大会 勝敗予想振り返り 準々決勝と準決勝

忙しすぎてスコア予想もあげられなかった準々決勝(^_^;)
とりあえず振り返りますね

大会10日目

第1試合[外れ]

予想 日本航空石川

結果 東海大相模

石川の勢いを買ったんですけど外れました
それでも杉本投手は強打の東海大相模を被安打7、失点3と見事に抑え込み、投手力の高さを見せつけました

第2試合[的中]

予想 智弁和歌山

結果 智弁和歌山

全く予想していなかった壮絶な打ち合い
終盤に底力を見せつけた智弁和歌山が劇的なサヨナラ勝ち


第3試合[的中]

予想 大阪桐蔭

結果 大阪桐蔭

この試合はもう…(^_^;)
花巻東にとっては初回の攻防が全てだったか
先制点をあげていたらもう少し違った展開だったかもしれない


第4試合[的中]

予想 三重

結果 三重

序盤から点の取り合い
終盤に一気に突き放した三重の高い攻撃力が試合を決めた

ここから準決勝

大会11日目

第1試合[的中]

予想

東海大相模 5ー8 智弁和歌山

結果

東海大相模 10ー12 智弁和歌山

まぁ見事にコメント通りでした
ここまでのスコアになるとは思いませんでしたけどね( ̄▽ ̄;)
平田投手は前の試合までに比べると好投していたと思う

6回裏は衝撃的でしたね(^_^;)
被安打1ながらも3失策と犠牲フライで4失点
5回に東海大相模が逆転したあたりまでは予想の範囲内ではありましたが、それまで無失策の守備が突如乱れる…
しかもそれが集中し、通常なら取り返しのつかない痛恨の失点だったはず
さすがにこれは無理だろうと予想の的中を諦めました…

しかし直後の7回表には甲子園の強風の影響で東海大相模にもエラー
さらに好投していたエース斎藤投手の暴投で失点
これで流れもどっちともつかず、それにより息を吹き返した智弁和歌山が一気に4点差をひっくり返し逆転
平田の好投も最後まで続き延長10回でゲームセット

甲子園のいたずらとも言える不思議な試合となりました

第2試合[外れ]

予想

大阪桐蔭 5ー7 三重 ○

結果

大阪桐蔭 3ー2 三重

序盤に集中打を集め2点を先制した三重
投げてはエース定本が桐蔭打線をほぼ完璧に抑え込んだ
特に上位打線に仕事をさせなかったのが何よりも桐蔭を苦しめた要因

しかしそんな中で桐蔭の5番から8番の下位打線が食らいつき始めた
特にリリーフで完璧な投球を見せた根尾は投打に渡り活躍
明秀日立戦で9四球と荒れていた制球も安定し、9三振と三重打線に反撃のチャンスを与えなかった

土壇場で追いついた大阪桐蔭は12回裏、それまで抑えられた打線の要、藤原の1発でサヨナラ勝利
手に汗握る熱戦に終止符を打った

個人的には今大会ここまでのベストゲームですね!

さて明日の決勝戦近畿大会決勝戦の再戦

秋は1ー0で大阪桐蔭が勝ったが春の結果は!?

これから頑張って考えますw

全34試合中

的中27   外れ7

2018年 第90回 選抜高校野球大会 準決勝勝敗予想

大会11日目

いよいよ準決勝を迎える選抜
どのチームも充実した戦力で、優勝経験もある強豪
勝戦へ勝ち進むのは果たしてどのチームなのか!?

今回も3回戦までを振り返り自己分析を

まずは東海大相模

投打に高い総合力をもちまとまったチーム
複数の投手がうまく機能し、継投で勝ち上がっており各投手の疲労度もそれほど高くないと予想される
打線はここまで毎試合本塁打を放つなど長打力では他を圧倒
航空石川戦では苦しめられたが、ロースコアの試合も安定した戦いぶりで勝利をおさめた
優勝候補と言われる実力を存分に発揮できているチームである

智弁和歌山

これまでの対戦相手の実力をふまえると、攻撃力では東海大相模に肩を並べトップクラス
また劣勢だった創成館戦では終盤の大逆転を呼び込む繋がりを見せつけた
しかしながら投手陣は打ち込まれ、昨秋の結果から見る分析には遠く及ばない印象であるのは不安
4チーム中最多失点の投手陣が復調し、昨秋の大阪桐蔭戦のような投球が必要不可欠

大阪桐蔭

投打に各選手が実力をいかんなく発揮し、個々の能力では群を抜く
打線も4チーム中最多の得点をあげておりエースの柿木も温存し投手力もその実力を発揮出来る状態にある
しかしながら組み合わせに恵まれすぎた感がどうにも拭えない事実…
総合力的に互角に近いチームは明秀日立のみで、他2戦では正直なところ戦力差があり、楽に勝ち上がっていることから、対戦相手のレベルがはねあがるであろう準決勝以降の戦い方や、試合の入り方には注意が必要そうな印象が強い

三重

前評判を遥かに越える戦力で勝ち上がってきた三重
特に目を引くのは智弁和歌山同様に打線の得点力
また投手陣も3回戦こそ打ち込まれたが、日大三戦、乙訓戦では強力打線を抑え込み勝利し、優勝を狙えるポテンシャルは十分に備えている
温存出来ている定本と乙訓戦完投の福田の投球には注目

甲乙つけがたい戦力の4チーム
個人的にはやはり優勝大本命の智弁和歌山は外せないですね
最も盛り上がるパターンでは智弁和歌山VS大阪桐蔭の決勝戦となり、智弁和歌山が昨秋の雪辱を果たす!
理想の展開ですが2年連続近畿勢同士の決勝戦ってのも中々ないのかなぁとも思います(^_^;)

一番人気は東海大相模VS大阪桐蔭みたいですね!
まぁ総合力を見れば確かにこの2チームがずば抜けてますからね
ただ今大会ってここまで順当に来すぎてる感が強すぎるんですよ
前評判を覆すならもうこの準決勝しかない!

てことで

第1試合

東海大相模 5ー8 智弁和歌山

智弁和歌山投手陣がある程度打ち込まれるのは確定的
それでも智弁和歌山打線が東海大相模を上回る予想

大本命の智弁和歌山を外さない以上、打ち合いで3回戦サヨナラ勝ちの智弁和歌山が勢いで突き放す!

第2試合

大阪桐蔭 5ー7 三重 ○

両チーム先発投手がカギを握りそう
共に温存出来ているが三重の方が疲労度は少なげ
打線の仕上がりは互角と見た
苦戦を経験している三重の方がメンタル的に集中力を高めて試合に入れるはず!
序盤の攻防で流れを掴めればそのまま逃げ切れる予想

これ2試合当たったら超会心ですね(^_^;)

メルク得意の奥義、天の邪鬼予想www
果たしてどうなるか!
外しても当たっても酒の消費が激しい夜になりそうだwww

2018年 第90回 選抜高校野球大会 勝敗予想 振り返り

いやー、すっかり忙しくなってまともに更新出来ず大変失礼いたしましたm(__)m

少し落ち着きましたので昨日までの予想結果を簡単に振り返りたいと思います!

多少長くなりますがお付き合いください(^_^;)

まずはベスト8予想の答え合わせから行きますかね

その後各試合の言い訳を簡単にw

・Aブロック[対抗当たり]

予想

本命 聖光学院
対抗 東海大相模

結果 東海大相模

さすがに強いですね!
前評判通りの総合力で見事に勝ち上がりました
激戦ブロックで波乱もあるかと思いましたが抜群の安定感でした

聖光学院、思ったより打てなかったですね(^_^;)

・Bブロック[本命当たり]

予想

本命 日本航空石川
対抗 明徳義塾

結果 日本航空石川

劇的な試合が多かったですね
サヨナラホームランで勝った明徳は、サヨナラホームランで敗れる結果となりました
しかし市川投手は評判通りのピッチングで、強さを感じました
本命対対抗となったブロックでした

・Cブロック[本命当たり]

予想

本命 智弁和歌山
対抗 英明

結果 智弁和歌山

予想以上に智弁和歌山も苦しんだ勝ち上がりでしたね
国学院栃木は3投手の継投と試合ごとに増した打力で昨年の東海大福岡を思い出させるようなチームでした

・Dブロック[本命当たり]

予想

本命 創成館
対抗 日大山形

結果 創成館

神宮準優勝の創成館が思うように得点させてもらえなかった中で高い投手力を見せつけ守り勝ち
智弁学園戦では2ー1と僅差のゲームをサヨナラホームランで勝ち上がり劇的な試合となりました

・Eブロック[本命当たり]

予想

本命 大阪桐蔭
対抗 明秀日立

結果 大阪桐蔭

圧巻ですね
評判通りの実力!多くを語る必要はないでしょうw
強いて言うならやっぱり優勝予想に入れとけば良かったwww
本命対対抗でした

・Fブロック[外れ]

予想

本命 東邦
対抗 慶應義塾

結果 花巻東

唯一の外れ
試合内容も何とも不思議な(^_^;)
彦根東の増居投手良かったですね~
9回までノーヒットに抑えられた花巻東でしたがサヨナラ勝ちの背景には投手陣の粘りがありました

・Gブロック[対抗当たり]

予想

本命 乙訓
対抗 三重

結果 三重

三重は前評判をはるかに越える試合内容と言えるんじゃないでしょうか
その実力を見事に発揮し快進撃を果たしました
本命対対抗でした
試合内容から対抗の三重の勝利予想としましたが接戦で互角の試合
見事に守り切りましたね

・Hブロック[本命当たり]

予想

本命 星稜
対抗 近江

結果 星稜

こちらも本命対対抗
星稜は評判通りの高い投手力で、継投もはまり勝ち上がりました
打力も予想以上に高く安定した戦力でした

総合結果

本命当たり 5
対抗当たり 2
外れ 1

昨年を上回る的中となりました
各チーム評判通りの実力で、特に番狂わせもなく順当に勝ち上がり、まぁそんなに外した方もいないんじゃないでしょうかw

それでは各試合の振り返りです
長くなるので的中は基本的にコメントなしでw

大会4日目から

第1試合[的中]

下関国際 1ー3 創成館

第2試合[的中]

大阪桐蔭 14ー2 伊万里


第3試合[外れ]

花巻東 5ー3 東邦

外れました( ̄▽ ̄;)
消極的になったのが敗因w
東邦は守備の乱れが失点につながり、両チームの差はそこでしたね
花巻東田中投手も粘り強さを発揮し逃げ切った

大会5日目

第1試合[外れ]

聖光学院 3ー12 東海大相模

はい…不安視していた聖光学院の投手陣の立ち上がりが全てでした( ̄▽ ̄;)
結果予想通り初回で流れが決まりワンサイドゲームとなりました

第2試合[的中]

国学院栃木 9ー5 延岡学園


第3試合[的中]

明秀日立 10ー1 高知

大会6日目

第1試合[外れ]

彦根東 4ー3 慶應義塾

増居投手の力を見誤りました
花巻東戦も終わってるので言えることですが昨年より遥かに成長してました

第2試合[的中]

乙訓 7ー2 おかやま山陽

第3試合[的中]

松山聖陵 5ー8 近江

大会7日目

第1試合[的中]

星稜 11ー2 冨島

第2試合[的中]

日大三 8ー0 三重

三重素直に強いチームっすね

第3試合[的中]

東海大相模 8ー1 静岡

大会8日目

第1試合[的中]

日本航空石川 3ー1 明徳義塾

会心の当たり!
明徳市川も前評判通りの好投手でしたが最終回にまさかの1発をもらい敗れるという劇的な試合でした

第2試合[的中]

国学院栃木 4ー7 智弁和歌山

第3試合[的中]

智弁学園 1ー2 創成館

大会9日目

第1試合[的中]

明秀日立 1ー5 大阪桐蔭

第2試合[的中]

花巻東 1ー0 彦根東

第3試合[的中]

三重 2ー1 乙訓

第4試合[的中]

近江 3ー4 星稜

とりあえず今回はここまで!( ̄▽ ̄;)

28試合終了

23的中 5外れ

2018年 第90回 選抜高校野球大会 準々決勝勝敗予想

勝ちチームのみ

大会10日目

第1試合

日本航空石川

第2試合

智弁和歌山

第3試合

大阪桐蔭

第4試合

三重

2018年 第90回 選抜高校野球大会 3回戦勝敗予想 その2

大会9日目

第1試合

明秀日立 4ー5 大阪桐蔭

第2試合

花巻東 4ー1 彦根東

第3試合

○ 三重 7ー3 乙訓

第4試合

近江 3ー6 星稜 ○

時間がないのでこれだけm(__)m

2018年 第90回 選抜高校野球大会 3回戦勝敗予想

大会8日目

第1試合

日本航空石川 5ー4 明徳義塾

初戦圧勝の石川と、大逆転勝利の明徳
勢いだけで言えば明徳義塾にある
谷合に1発出たのも大きい
しかし、エラーも2つ出るなど初戦とは言え少し明徳義塾らしくない1面も見えていた
石川は中央学院より打力が上と分析しているので最低でも市川から5点は取れると見た
焦点は石川投手陣VS明徳打線に注目したいと思う

ランナーを進塁させる技術にも長け、長打も出る明徳打線を勢いづけるまえに継投策で流れをきりつつ石川が接戦をものにすると予想

第2試合

国学院栃木 2ー7 智弁和歌山

打線が当たり始めた国学院栃木は不気味な存在であるが、頼みの投手陣がいまいち安定感に欠ける
抑えの宮は安定しているが、水沢と渡辺は共に、特に制球力に不安あり
強打の智弁和歌山相手にみすみすランナーを出すのは避けたいところだが、そこに意識が行きすぎて甘い球を投じるのも禁物
修正出来ているかによるが、2戦見た限りではある程度の失点はやむを得ないだろう

となると焦点は智弁和歌山投手陣VS国学院打線
当たっている打線が力を発揮し打ち合いになれば国学院栃木にも勝機あり

第3試合

智弁学園 3ー6 創成館

共に安定感のある両チーム
智弁学園は初戦ホームランもあり好調な印象
対する創成館は初戦、好投手鶴田の前に苦戦しながらも好機を活かししたたかに得点し、継投で少ない点差を逃げ切った

正直なところ両チームともいまいち戦力が読みにくいというか…
特にずば抜けた強さを感じさせないものの、それでも終わってみたらちゃっかり勝っているといった感じ…
そこが不気味で、でも強いチームなんだろうなぁ

単純に智弁学園の投手陣より下関国際の鶴田の方がポテンシャルは高いかなと
また、日大山形より創成館の方が得点力が高い、というよりランナーを返す攻撃のバリエーションが豊富だろうという分析から、初戦を見る限りこのくらいのスコアが妥当ではないだろうかという予想です