読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛 來 空 静 海~i like calm sea~

愛來空(メルク)の好きなことを好きなように書きなぐるという思いつきで始めたブログです。面白いと思ったらコメントなどなど、どしどし下さいね!

第88回 選抜高校野球大会 勝敗予想 準決勝

さぁ、準決勝の勝敗予想を行っていきましょう
その前に、わたくしなりの見解で現時点での戦力分析を
まず奈良の智弁学園
ここまで3戦、全て打線に破壊力のあるチームを相手に勝ち上がってきました
エース村上の力投で失点はわずかに1
打線も試合毎に調子を上げ、特に相手のエラーや四死球で得たチャンスを確実に生かせる勝負強さが持ち味
投打がしっかりと噛み合った非常にバランスのいいチームと見ています
次に京都の龍谷大平安
初戦は試合巧者の名門、明徳義塾を圧倒し、2回戦以降は好投手相手にロースコアの接戦を勝ち上がってきました
その原動力はエース市岡の粘り強い投球と、固い守備
秋にはコールド負けを喫するなど打たれ弱い一面がありましたが一冬越えてその面影を感じさせない、守り強いチームとなっています
また、もともと打線は破壊力が売りでここまで自分たちの本来の攻撃が出来ていないだけにその潜在能力は未知数
打線が本来の姿を取り戻した時、非常に怖いチームであると言えます

この2校が準決勝第1試合で相対します

投手力にはほとんど差はないでしょう
強いて上げるならば龍谷 市岡投手の制球が安定していないこと
しかしそれをカバーする粘り強い精神力で抑え込んできている
打力は本来なら龍谷に分があるが、ここ2戦で抑えられてることと、その抑えた投手と村上投手に大きな差はないだろう
となるとここもほぼ互角
接戦が予想される試合だが、ポイントとして上げるなら接戦を戦い抜いて、延長を含め完投を続けてきた市岡投手のスタミナ
精神的にも体力的にも消耗は激しいだろう
対する村上投手も完投を続けてきたが市岡投手ほどの消耗がないことは明らか
龍谷としては早いイニングから加点していき逃げ切りたい
接戦で終盤を迎えると智弁打線が市岡投手のスタミナ切れを逃すことはないと思う
村上投手が龍谷打線をある程度抑えると予想
よって智弁学園

智弁学園 4ー2 龍谷大平安

次ぎは熊本秀岳館
打線の破壊力は出場校トップクラス
下位まで切れ目なく、長打も狙え、どこから得点できる
その一方で木更津総合、早川に4安打に抑えられるなど弱点をさらしてしまった一面がある
投手力についても安定した投手が多く、継投で抑えることができる上に、エース有村が木更津打線を1失点に抑えるなど上々の仕上がり
総合力で群を抜くチームとなっている
対戦相手は神宮覇者高松商
準々決勝ではこれまで不発だった打線のうっぷんを晴らすかのような猛攻撃を仕掛け今大会最多となる17得点を叩き出した
投手力はこちらも浦、美濃の継投がメインとなる
しかし準々決勝では強打の海星を相手に8失点と少々不安がある
一方で終盤に強さを発揮し4~5点差くらいならひっくり返せる粘り強さと集中力がある
また神宮で優勝し、マークがきつくなった中でここまで勝ち上がってきた勢いと底力は侮れない

投手力、打線の破壊力は秀岳館が上回る
しかし得点力となるとさほど差はないかもしれない
高松商は長打がなくても得点できる攻撃のバリエーションの多さと集中力は光るものがある
序盤のポイントは高松商の先発投手と秀岳館打線の攻防
先にも書いたように早川が秀岳館打線を抑えるお手本の投球をしており、高松商としては参考にしない手はないだろう
高松商投手陣が早川と同じ投球が出来るかどうか
弱点が浮き彫りになった秀岳館打線がどういった攻撃を仕掛けるか
中盤以降は逆に高松商の攻撃に注目したい
また秀岳館の継投のタイミングも重要となる
勢いに乗った高松商の攻撃は歯止めが効かなくなるのでその前に継投し抑えたい

ある程度点の取り合いになると予想
高松商投手陣に秀岳館を抑えきるだけの力はないと思うので8失点くらいはあるかと
高松商の終盤にかけての集中力と対応力は今大会1だと思っているので追い上げはあると思うが…
一歩及ばず秀岳館で

○ 秀岳館 8ー6 高松商