読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛 來 空 静 海~i like calm sea~

愛來空(メルク)の好きなことを好きなように書きなぐるという思いつきで始めたブログです。面白いと思ったらコメントなどなど、どしどし下さいね!

2017年 選抜高校野球大会 各チームの分析 北海道・東北・関東・東京編

さて、メルク視点で各チームを勝手に分析していきたいと思います。
信憑性にはかけるでしょうがw

札幌第一
今年の札幌第一は道大会5試合で48得点と、伝統の打力が光るチーム
失点は毎試合2~3点あるがそれを上回る得点力で選抜出場をものにしている
投手陣が完封できる力をつけていれば総合力が増す

仙台育英
今回密かに優勝候補として名乗り出る力があるのではと思っているチーム
東北大会では危なげなく勝ち上がり、神宮初戦で履正社に1-5と敗れたものの被安打は僅かに4本と強力打線を抑え込んだ投手力は本物
課題はその投手陣の制球にあると言える
敗れた履正社戦、被安打4本でも四死球10
現状では選抜を勝ち抜いていくには厳しそうだ
もともと得点力のある打線に投手陣の成長が加われば総合力でもひけを取らないチームになるだろう

盛岡大付
今年も得点力の高い打線に、昨夏甲子園を経験した左腕三浦、MAX144㎞エース右腕平松の継投で勝ち抜いてきたチーム
打ち合いになる試合が多い印象を受けるが投手陣が失点を計算できるレベルになると初のベスト8も見える位置にいる

作新学院
昨夏王者の作新学院は今年も総合力が高い
投打にまとまり安定感のある力を見せ関東大会を制した
一冬越えての成長次第では夏、春連覇も見えてくるか?

東海大市原望洋
個人的に今大会NO.1右腕と思っているエース金久保を中心に守備力は高いレベルにある
攻撃も好打者が揃い上位を狙える力を持ったチームだと言えるが、トーナメントを勝ち抜くには金久保以外の投手の成長が不可欠であり、他投手の冬の成果が課題となりそう

前橋育英
今年の前橋育英は投手陣が強力で継投策で最小限の失点に抑え粘り強く勝ち上がってきた
得点力アップを計り、選抜初勝利、そして上位を狙いたい

健大高崎
例年通りの機動力野球に強打が加わった得点力は脅威
投手陣も継投策で横浜を2失点に抑えるなど安定している
過去の選抜でも好成績を残していて、今年はそれ以上を目指す

早稲田実業
ご存知清宮を中心とした攻撃力は全国屈指
課題だった投手力も安定してきており神宮では準優勝と総合力の高さを見せつけた
その分マークが厳しくなると予想するが振り払えるか注目したい
東京大会決勝では、清宮が5三振に抑えられており選抜でも予想される展開だけに後に控える野村を初め、他打者の打撃が鍵を握る

日大三
総合力では早稲田実業にひけをとらないチーム
投打にまとまり上位進出を狙える可能性を秘める
しかしながら攻撃陣が沈黙する試合もあり、その力をコンスタントに発揮していけるかがポイントとなりそう