読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛 來 空 静 海~i like calm sea~

愛來空(メルク)の好きなことを好きなように書きなぐるという思いつきで始めたブログです。面白いと思ったらコメントなどなど、どしどし下さいね!

2017年 選抜高校野球大会 各チームの分析 東海・北信越・近畿編

続いて東海地区から

・静岡
今大会出場校の中でもトップクラスの戦力を誇るチームだと見ている
注目はエース池谷
神宮では早稲田実業に敗れたが被安打は6本と強力な打線を抑えている
課題は仙台育英と同じ制球力だろう
打線も繋がりがよく得点力がある

至学館
県大会では、2度の延長戦を制し、逆転サヨナラもあり非常に粘り強く接戦に強いチーム
選抜出場を決定づけた東海大会でも同県の中京大中京に逆転勝利と終盤の粘りは昨年の高松商を思い出す
得意の粘りで初勝利なるか

福井工大福井
北信越王者の工大福井は打線が売りの攻撃型のチーム
とはいえ神宮では履正社相手に3-4と接戦するなど投手力も力があることは証明済み
求められるのはその投手陣の安定感
県大会、地区大会と大量失点の試合もあることが不安視される
冬の練習でどこまで整備されるか注目したい

高岡商
投打に力のある選手がいる高岡商だが少々安定感に欠ける印象
県大会では大量得点をあげて勝利する試合が多かっただけに破壊力は抜群だが地区大会ではやや沈黙気味
持ち前の破壊力と投手陣がうまく噛み合えば期待が上がる

履正社
今大会優勝候補に名乗りをあげるチーム
打線は安田、若林を中心に下位まで切れ目がなく、投手では竹田、田中、松井の3枚看板が安定し高い守備力を誇る
ややエラーが多いが修正して選抜を迎えれば優勝にぐっと近づく

神戸国際大付
ビックイニングを作れる打線の集中打が魅力
投手陣も安定しており総合力は高い
またバントなども絡めた手堅い攻撃も機能していて他チームにとってやりにくい試合運びも出来る

滋賀学園
昨年の選抜を沸かせた滋賀学園が戻ってきた
エース神村が健在で昨年よりやや安定感を欠いている印象を受けるが2番手棚原も控えており投手力は決して低くない
打線の破壊力も健在で投手力の整備次第ではダークホースとなり得る可能性を秘めている

大阪桐蔭
相変わらず層の厚い選手を揃え総合力ではトップクラス
秋の時点ではやや投打にまとまらず安定感を欠いたが経験豊富の監督のもと春には更なる成長をとげ望んでくるだろう
優勝候補の一角に入るチーム

智弁学園
昨春王者の智弁学園
村上のような絶対的なエースは見当たらないが松本が安定している
打線も得点力がある
2番手投手の台頭が望めれば総合力が上がり上位を狙える

・報徳学院
大量失点の少ない守備力の高さが光るチーム
打線もあまり派手さはないが好打者が揃いチャンスを活かし得点に繋げている

・高田商
近畿7枠目は奈良大会準優勝の高田商
決勝では智弁学園を相手に4-5で敗れるも終盤までリードし、本塁打も出るなど潜在能力の高さが伺える
近畿大会でも和歌山東戦で9回裏に4点差を追いつくなど粘り強さも発揮
選抜でも粘り強く勝ちを拾いたい