読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛 來 空 静 海~i like calm sea~

愛來空(メルク)の好きなことを好きなように書きなぐるという思いつきで始めたブログです。面白いと思ったらコメントなどなど、どしどし下さいね!

2017年 選抜高校野球大会 勝敗予想結果 その1

さて、それでは今日までの一回戦を振り返りましょうかね(^_^;)
そして言い訳をダラダラとw

大会1日目
予想
至学館 4ー3 市立呉

結果
至学館 6ー5 市立呉 (延長12回)

予想通りの接戦となった試合は呉の初勝利で幕を閉じた
誤算だったのは呉のエース池田の好投
12回を終えて被安打はわずかに4本と至学館打線をシャットアウト
対する至学館は継投策を講じたが呉打線に少しづつ攻略され終わってみれば被安打14・6失点
ピンチを凌ぎながらもじわじわと追い詰められた至学館は最終回にエラーなども絡み集中力が切れたか
最後の追い上げも届かず初勝利はならなかった
呉の粘り勝ち

予想
日大三 6ー4 履正社

結果
日大三 5ー12 履正社

こちらも8回まで予想通りの展開で6点目を争う展開に
しかし9回表の先頭打者への四球で投手を交代したところから突如展開が変わり勝ち越しを許すと、再びマウンドに戻った櫻井がそれまで抑えていた安田にタイムリーを許し糸が切れたかのように守備も乱れ一挙7失点
監督の采配には疑問が残るが好機を生かし一気に攻勢に転じた履正社の圧巻の勝利
個人的には9回表の四球後の投手交代は不用だったのでは?と思うところである
確かに終盤に入り制球にも苦しんではいたが勢いを考えたらそのままで行けたのではないだろうか
8回に追いついたいけいけムードが一気に消滅し、たった1つの判断の怖さを思い知らされた

予想
熊本工 3ー1 智弁学園

結果
熊本工 0ー9 智弁学園

完全に熊本工の戦力を見誤った
山口は制球に苦しみ、甘い球は痛打され終わってみれば11被安打で9失点
昨春王者の貫禄を見せつけられた
投げては松本が散発3安打に抑えピンチらしいピンチを作らず完投
ロースコアで活路を見いだしたかった熊本工をよせつけなかった

大会2日目

第1試合

予想
高岡商 4ー7 盛岡大付

結果
高岡商 9ー10 盛岡大付(延長10回)

互いに持ち味を活かし序盤から点の取り合い
予想通りの乱打戦は盛岡大付が打ち勝った
投手陣に不安があると予想した通り7四死球と次戦に課題を残した盛岡大付は次の戦い方を修正する必要がある

第2試合

予想
報徳学園 2ー0 多治見

結果
報徳学園 21ー0 多治見

何も言えない
報徳学園の戦力分析は確実に間違っていたということだけ・・・
今年は近畿勢のレベルをかなり過小評価していたようでレベルの高さを痛感した

第3試合

予想
中村 3ー2 前橋育英

結果
中村 1ー5 前橋育英

前橋育英の投手陣はやはり本物だった
この試合に関しては21世紀枠の躍進を期待して3校全ての戦力と対戦相手の比較で勝つ可能性が高いのはここだ!と思って実績重視の予想をたてたが、やはりと言うか、まぁことごとく外れてしまった
変にひねるとこうゆうことになるんですなぁ…

大会3日目

第1試合
予想
創志学園 1ー4 福岡大大濠

結果
創志学園 3ー6 福岡大大濠

大体予想通りかな?
終盤の創志学園の追い上げも届かず大濠が逃げ切った

第2試合
予想
東海大市原望洋 6ー3 滋賀学園

結果
東海大市原望洋 6ー2 滋賀学園

延長14回の熱戦は滋賀学園の集中打により幕を下ろした
誤算は二つ
滋賀学園の先発棚原の投手としての能力を見誤っていたこと
金久保の制球が乱れ再三のピンチを背負い終盤に向けスタミナの消耗が激しすぎたこと
最後は力尽きたかのように4失点
滋賀学園は後ろに神村も控えており投打のレベルの高さを思い知らされた

第3試合
予想
健大高崎 2ー7 札幌第一

結果
健大高崎 11ー1 札幌第一

札幌第一がここまで抑えられるとは思わなかった
健大高崎は盗塁僅かに1つながら11得点と、機動力がなくても得点出来ることを見せつけた

アタリ 3   ハズレ 6

最悪だねーw