読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛 來 空 静 海~i like calm sea~

愛來空(メルク)の好きなことを好きなように書きなぐるという思いつきで始めたブログです。面白いと思ったらコメントなどなど、どしどし下さいね!

第98回 全国高校野球選手権大会 勝敗予想 三回戦 その2

大会11日目

第1試合

東邦 7 ー 4 聖光学院

乱打戦を制してきた東邦と安定感で勝ち上がってきた聖光学院
東邦はここまで2戦大量得点の反面、大量失点
その投手陣がそろそろ落ち着いた試合の組み立てが重要となってくる
総合力では上回っていても聖光学院も10年連続出場の常連校で、試合の組み立ては心得ており決して簡単な相手ではない
聖光としては当たっている東邦打線を3、4失点くらいまで抑えることが求められる
5点以上を与えると勢いに乗り止められなくなる恐れがある

第2試合

花咲徳栄 4 ー 6 作新学院

優勝予想に上げている花咲徳栄だがやはり予選時に比べ投打に精細を欠いているのは明白
何とか勝ち上がってきたがさすがに厳しい相手かと
この試合のポイントも高橋の投球次第ということになりそう
綱脇の先発も考えられなくはないが、その場合は継投になるかと
同じ関東勢で対策も練ってきているであろう作新学院を投手交代後にどう抑えるか
勝敗予想が外れても優勝予想が残るという何とも不本意で邪道な予想ではあるが、厳しいだろうと思わざるを得ない

第3試合

木更津総合 3 ー 1 広島新庄

勢いを考えると広島新庄が優勢な気もしないでもないが早川の安定感を買いたい
共に少ない点差でも守りきれるだけの能力を持つ投手でロースコアの接戦が予想されるが、試合感覚も空き疲れも癒せている早川擁する木更津総合が有利とみる

第4試合

日南学園 5 ー 1 北海

日南学園のエース森山の投球を見る限り力のある北海打線を抑えきれるとみた
北海としては松山聖稜戦と同様にロースコアの接戦に持ち込むことで勝機が見えてきそうだ